プラセンタ注射で不調を解消

「最近肌の調子が悪い」
「疲れが取れにくくなってきた」
歳を重ねると誰にでも表れる体の不調。
でも「仕方がない」と諦めたくありませんよね。

 

それなら美容にも健康にも良い効果が期待できるプラセンタ注射がオススメです。

 

すでにプラセンタが配合された化粧品やサプリが多数販売されていますが、「あまり変化がない」と言う方もいらっしゃるでしょう。
しかしプラセンタ注射なら直接体に取り入れるので即効性が高く、効果を実感しやすいんです。

 

この記事では仙台でプラセンタ注射が打てる美容外科クリニックやプラセンタ注射の様々な効果についてお伝えします。

仙台でプラセンタ注射が打てる美容外科クリニック

品川美容外科

低価格でありながら高品質の施術が受けられ、遠方から訪れる患者さんもいらっしゃいます。
地下鉄広瀬通に近い立地で、買い物や仕事帰りにも立ち寄りやすいクリニックです。

プラセンタ

注射

920円(税抜)
品川美容外科 仙台院

【所在地】仙台市青葉区中央2-11-19
仙南ビル7F
【アクセス】仙台駅西口 徒歩10分
あおば通駅 徒歩6分
広瀬通駅東1番出口 徒歩3分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

東京美容外科

あおば通駅徒歩2分、仙台駅からも近く、仕事帰りなどでも通院しやすい立地です。
提携駐車場もあり、クリニック利用者は滞在時間分の料金が無料。
車で通院する方にはとても嬉しいサービスですね。

プラセンタ

注射

1回

1,000円(税抜)

東京美容外科 宮城・仙台院

【所在地】仙台市青葉区中央2-1-5
青葉21ビル4F
【アクセス】仙台駅 徒歩5分
(地下街を通り抜け北4番出口)
あおば通駅 徒歩2分
(「北4番」出口を出て右手側
リッチモンドプレミア仙台駅前ホテルの隣のビル)
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

湘南美容クリニック

丁寧なカウンセリングと施術が評判の女性医師が院長を務めるクリニックです。
男性医師だと話しづらいと感じる方でも安心して相談ができます。
仙台駅目前の好立地にあるため、買い物や仕事帰りに通院するのも便利です。

プラセンタ

注射

1アンプル
1,210円(税込)

2アンプル
2,020円(税込)

3アンプル
2,830円(税込)

湘南美容クリニック 仙台院

【所在地】仙台市青葉区中央1‐2‐3
仙台マークワン17階
【アクセス】仙台駅西口 徒歩1分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

仙台美容外科

個室の待合室が用意されていたり、会計は個室にて済ませるなど、プライバシーの配慮が行き届いています。
他の患者さんと顔を合わせたくない方も安心ですよ。

プラセンタ
注射

1アンプル
1,000円(税抜)

仙台美容外科

【所在地】仙台市青葉区中央3-2-21
仙台日興ビル8F
【アクセス】仙台駅 徒歩6分
【診療時間】10〜19時

 

 

 

 

桂仁会クリニック

こちらのクリニックでは保険診療も取り扱っています。

ヒト

プラセンタ療法

1アンプル
1,700円(税抜)

2アンプル
3,000円(税抜)

桂仁会クリニック

【所在地】仙台市宮城野区榴岡2-2-23
熊林ビル2F
【アクセス】仙台駅東口 徒歩5分
【診療時間】平日10〜18時半
土・祝日10〜16時
休診日 日・水曜日

 

プラセンタ注射の効果

プラセンタ注射は更年期障害や肝臓疾患の治療に使われているものです。
治療を受けた患者さんが本来の病気以外にも改善された症状があったため、現在では様々な治療に使われています。

 

プラセンタ注射の美容に良い効果

  • 抗酸化作用によるアンチエイジング効果
  • 新陳代謝促進で肌のキメが整う
  • 成長因子が細胞の働きを活性化して老化を防ぐ
  • 引き締め効果で毛穴やたるみを改善する
  • メラニン色素の生成を抑制するので美白効果がある
  • ホルモンバランスを整えて肌荒れを改善する
  • 抗炎症作用でニキビを予防する

 

プラセンタ注射の健康効果

  • 血行促進
  • 生理痛など婦人科系の症状を改善する
  • 抗アレルギー作用
  • 自律神経の乱れを整える
  • 疲労回復
  • 免疫力・自然治癒力の働きを活性化する
  • 肝機能の改善

 

男性ならば発毛や前立腺肥大の改善にもプラセンタ注射が効果的です。

 

プラセンタ注射の効果的な打ち方

最初の1〜2ヶ月は週に1〜2回打つのが良いでしょう。
それ以降は1〜2週間に1回くらいです。

 

疲労回復などすぐに改善がみられる症状もあります。
しかし美肌効果などはゆっくりと肌質が改善されていくので、数ヵ月間治療を続ける必要があるでしょう。

 

保険診療でプラセンタが受けられる症状

プラセンタ注射を美容目的で打つ場合は自由診療となっています。
保険診療で受けられる病気は以下のものです。

  • 更年期障害
  • 乳汁分泌不全
  • 肝機能障害

プラセンタ注射を打つ時の注意点

プラセンタは静脈注射・点滴での注射を認可されていない
プラセンタ注射は筋肉注射が皮下注射で打ちます。
製薬会社はプラセンタを静脈注射・点滴で打つことを認可していないからです。

 

即効性が高いという理由で静脈注射や点滴をしているクリニックもあります。
しかし早く効く分、排出されるまでの時間も早く、効き目は長持ちしません。
しかも血管に直接注入するため肝臓への負担が大きいことやアナフィラキシーショックを起こすリスクが高まります。

 

静脈注射または点滴でプラセンタ注射を打ち、副作用が起きた時は医薬品副作用被害救済制度が適用されません。

 

医薬品副作用被害救済制度について

 

カクテル注射もNG!
プラセンタに他の美容成分を混ぜて注射する「カクテル注射」と言うものもあります。単体では問題ない成分でも、プラセンタと混ぜることで副作用やアレルギーを起こす危険性があります。
これも製薬会社側は認可していません。

 

プラセンタ注射を打つと献血ができない

プラセンタは製造工程で、感染症やウイルス検査や滅菌処理をしているので安全です。

 

しかし感染症にかかる可能性がゼロとは言い切れないという理由で献血をすることは禁止されます。

 

アレルギー反応が起こる

  • 痒み
  • 痛み
  • 悪寒
  • 発熱
  • …などが注射を打つと起こることがあります。
    ただし通常は半日から1日くらいで落ち着くでしょう。

     

    もしも症状が酷い時や長引くようであれば、注射を受けたクリニックに相談してください。
    プラセンタにはタンパク質が含まれているため、アレルギー反応を起こすことがあるからです。

     

    卵や牛乳などの食物アレルギーを持つ方は、医師に相談してから注射を受けた方がよいでしょう。
    アレルギーが起きてしまった時は、プラセンタ注射を打つのを止めることで症状は改善します